教科書は学校のものだけとは限りません。

英語の文章を読む事に慣れる

耳と口で対面での会話の次は文字の勉強に移ります。子供が言葉を覚えるのと同じ順序ですね。

海外の方で日本語を独学した方法として多く上がるのは、日本語の歌や吹き替えなしのアニメで話し方を覚え、本で読み書きを覚えるというものです。

英語の教材として使う本は漫画であっても小説であっても、原文で読み、書かれているスペルを真似て書くのが苦にならないものなら何でも構いません。

原文が英語のものである必要もありません。海外でも人気の小説は英語翻訳されて出回っています。漫画も北米版など英語翻訳版があります。

英語の教材も好きな本を使えばいいのです。日本語で書かれた本を英語版で読み、複数ある単語の意味も流れの中でその場合に適した意味を捉えられるようになります。ただし、分からない単語はきちんと辞書などで調べて下さい。

こうやって「英語の勉強」への苦手意識を軽減して次のステップへと進んでいきましょう。

文法にも攻略可能な弱点があります。

どうしても避けて通れないのが「文法」という難物ですが、たった一つだけ弱点がありますのでご紹介しましょう。

日本語との最大の違いは言葉の「位置」に厳格な規則があるという事です。一度そこを見破れば文法という怪物は簡単に攻略できるのです。

英文の会話の流れに注意していると、例えば、単語は違ってもこの配置の時には文章全体の意味は「希望する」だなと解読できるようになります。

こんな文法の覚え方は教科書には載っていませんよね。そもそも「文章全体が表す意味」という概念があるの自体が初耳の人が大半でしょう。

会話をたくさん聴き、読んで、ゲーム感覚で配置図探しをしてみて下さい。難攻不落とも思えた「文法」は、規則性を見破られたらあっという間に陥落してしまうものだったのです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top